フォスターフリーランスの口コミや評判

公開日:2023/10/01   最終更新日:2023/11/09

フォスターフリーランス(株式会社フォスターネット)の画像

案件数 3,000件以上
問い合わせ メールフォーム
サポート内容 コーディネータが職務経歴書の添削やクライアントとの打ち合わせで話す内容を一緒に検討するなど案件を獲得できるようサポート
対応地域 東京都、神奈川県など
運営会社 株式会社フォスターネット
〒163-0718 東京都新宿区西新宿2丁目7番1号 小田急第一生命ビル18階

フォスターフリーランスは株式会社フォスターネットが運営するフリーランスエンジニア向けの案件紹介サービスです。フォスターネットは豆蔵K2TOPホールディングスのグループ企業で信用性の高い企業です。1996年に創業し、2003年からITフリーランス向けの事業を開始しています。今回はフォスターフリーランスの特徴をまとめます。

即日3日で就業

フォスターフリーランスは、1996年にサービスを開始したIT人材紹介サービスの老舗企業です。登録者数は2万2,000人を超え、案件数が常時5,000件以上ある有料サービスです。

人材紹介のサービスは多数ありますが、フォスターフリーランスはITフリーランスの案件紹介に力を注いでいます。ここで生きてくるのが同社が今まで積み重ねてきた実績です。

フォスターフリーランスがサービスを開始した1996年はポケベルの全盛期で、フィーチャーフォン(ガラケー)が登場し始めた頃でした。IT産業の黎明期にあたる時代で、IT分野の知識を有している人が少なかったころです。

同社がITフリーランス向けのサービスを開始した2003年はフィーチャーフォンの全盛期であり、スマートフォンの登場以前でした。目まぐるしく変化するIT業界の中でフリーランス市場やIT産業の動向を熟知していたフォスターフリーランスには、時代を乗り切るさまざまなノウハウが蓄積されています。

その経験を踏まえ、コーディネータがワーカーに合った案件を紹介します。コーディネーターは案件を紹介するだけではありません。ワーカーが希望・経験にマッチした案件で仕事ができるように、職務経歴書を添削したり、クライアントとの打ち合わせで話す内容を一緒に検討したりします。

そうすることで、ワーカーがその案件を獲得できるようサポートします。

また、プロジェクトへの参加が決まった後も、コーディネーターはワーカーと連絡を取りつつ、必要に応じて相談・調整を行います。

優良案件がたくさん

フォスターフリーランスではさまざまな案件を取り扱っています。そのひとつが直請け案件です。お客さんと直接向き合うことが多いゲームやWebサービスといったBtoC企業に、直接常駐し業務を行います。

客先に常駐するため、意思の疎通を図りやすいというメリットがあります。不明点が発生しても、すぐにクライアントに聞けるので無駄なくスピーディに作業できます。

また、もうひとつは「プライムSIer案件」です。SIerとはシステムインテグレーションの略で、クライアントの要望に応じてシステム開発や運用などを請け負うサービスのことです。システム開発に関するほぼすべての仕事を請け負いますので、かなり大規模なチームの一員として働くことができます。

銀行や公共システムなど影響が大きいところで重要な仕事を任されるかもしれません。こうした案件は報酬も高額になります。フォスターフリーランスの最高報酬は230万円で、このほかにも高報酬の案件を多数用意しています。

興味がある方は、無料会員登録をしたうえで、案件の詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

利用満足度90%

フォスターフリーランスの魅力のひとつに、高い利用満足度があります。同社がエンジニアを対象に行った「エンジニアアンケート」によると、利用者の90%が同社のサービスに満足したと答えました。

満足度の高さの背景にあるのが、コーディネーターのていねいなサポートです。コーディネーターの多くが元ITエンジニアやIT業界で長い間一緒に働いてきた人です。そのため、ワーカーがどのような部分で困っていたり、助けを必要としたりしているかについて熟知しています。

ワーカーと面談して個性を把握したコーディネーターは、最も適切な案件を紹介します。フォスターフリーランスの担当者はワーカーといっしょに相手先企業との打ち合わせに出席します。そして、企業側の担当者と今回行われるプロジェクトの内容について打ち合わせを行います。

コーディネーターはワーカーに企業担当者との打ち合わせ時にアピールするべき事柄についてもアドバイスをします。この打ち合わせの際に就業時間や就業環境についても聞けます。企業側と1対1では聞きにくい話でも、コーディネーターが同席していれば聞きやすいですので、この機会に条件面についても打合せを済ませてしまいましょう。

マッチングが終わり、契約が終了してもフォスターフリーランスのサポートが続きます。コーディネーターは就業先で起きた問題やスキルアップに関する相談、経費や税金、保険といった個人事業主としての相談などにも応じてくれます。

彼らはワーカーの精神的な拠り所ともなるでしょう。新しい案件の紹介や企業との打ち合わせ、就業中のサポートなどを手厚く行ってくれることが、高い利用満足度につながっているのではないでしょうか。

まとめ

今回はフォスターフリーランスの特徴について整理しました。フリーランスは会社員と違って相談する相手を見つけにくいというウィークポイントがあります。フォスターフリーランスは案件紹介にとどまらず、相手との打ち合わせや税金・経費の相談に応じてくれるので、ワーカーにとって心強い味方となってくれるでしょう。IT関連の案件募集のサイトを探しているのであれば、一度フォスターフリーランスの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

フリーランスエンジニアとしてリモートワークを行う際、効率性は非常に重要です。自宅など好きな場所で仕事ができる自由は魅力的ですが、それには自己管理能力と効率的な作業環境の構築が不可欠です。この

続きを読む

フリーランスエンジニアとして働くとき、多種多様なオンラインツールを使えます。これらのツールは、コミュニケーションの改善、タスク管理、ファイル共有、さらには請求や会計処理まで、さまざまな面で役

続きを読む

プログラミングを使った仕事をしたいが、どんな職種があるのかわからないとお悩みではありませんか。実はプログラミングを使った仕事は複数存在します。なぜなら身の回りの電気で動いているほとんどのもの

続きを読む